公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

中谷財団について 理事長挨拶

私共の財団法人中谷電子計測技術振興財団は東亜医用電子株式会社(現シスメックス株式会社)の創立者 
故 中谷太郎理事長が電子計測技術の発展を推進し、産業基盤の確立に貢献することを、強く念願され、昭和59年4月に設立されましたが、新しく公益法人制度のもと、平成24年4月1日から公益財団法人中谷医工計測技術振興財団として新たにスタートしました。

当財団は、医工計測技術分野における先導的技術開発の助成を中核事業とし、技術開発に顕著な業績をあげた研究者への表彰、技術交流への助成等により、医工計測技術の広範な発展を推進し、我が国ならびに国際社会の発展および生活の向上に寄与することを目的に事業活動を行ってまいりました。

これからも医工計測分野を通して、ひとに役立つ技術を生み出し進歩させいくため、若手の科学技術研究者育成支援など裾野分野にも活動領域を拡げ、従来にも増して社会に貢献していく所存でございます。

今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

公益財団法人
中谷医工計測技術振興財団
理事長