公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

中谷財団について 沿革

昭和59年 (1984)
4月

通商産業大臣より「財団法人中谷電子計測技術振興財団」設立許可を受ける
理事長に中谷太郎が就任
「技術開発研究助成」「調査研究助成」「技術交流助成」を設定

昭和62年 (1983)
9月

財団年報創刊号発行

平成2年 (1990)
7月

調査研究助成事業開始

10月

技術交流助成事業開始

平成2年 (1995)
10月

10周年記念誌発刊

平成16年 (2004)
2月

設立20周年を迎える

平成19年 (2007)
1月

財団事務所を現在の品川区大崎1アートヴィレッジ大崎セントラルタワーに移転

平成20年 (2008)
1月

新たに表彰事業として「中谷賞」を設ける

平成24年 (2012)
4月

内閣府所轄の公益財団法人に移行
「公益財団法人中谷医工計測技術振興財団」に名称変更

6月

財団設立者・故中谷太郎氏の子息
故中谷正理事のご遺族より寄付受け入れ

平成25年 (2013)
6月

輕部征夫理事、新理事長に就任(現・理事長)

平成26年 (2014)
3月

科学教育振興に対する助成を追加

平成27年 (2015)
3月

設立30周年記念式典開催(帝国ホテル)