公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

  • HOME/
  • よくあるご質問 /
  • 大学院生奨学金

よくあるご質問

大学院生奨学金

応募・申請

質問

現在、学部の4年生です。応募可能ですか? 大学院修士課程から奨学金は支給されますか?

回答

博士号取得を目指す方は、応募可能です。修士課程(博士前期課程)も奨学金給付の対象です。

質問

個人で応募できますか? 学校推薦が必要ですか?

回答

個人で応募いただきます。学校経由で応募する必要はありません。
なお、指導教員の推薦書に加え、学部長・研究科長・部門長など所属部局長の応募承諾が必要です。

質問

推薦者は現在の指導教員と入学先の指導教員のどちらでしょうか?

回答

応募者をよくご存知の教員であれば、どちらでも結構です。

質問

指定校制度はありますか?

回答

指定校は設けません。

質問

外国籍、留学生は応募できますか?

回答

日本国籍、永住権を持つ方を対象とします。外国籍の方は対象外です。

質問

海外の大学に在籍していますが、海外からの応募はできますか?

回答

日本の大学に入学予定であれば応募いただけます。

質問

本人・家族の所得証明は必要ですか?

回答

不要です。

質問

応募方法は?

回答

財団の募集サイトでIDを取得し、必要書類をダウンロードします。
募集サイトにアップロ-ドする書類は、作成して、PDFで提出します。
成績証明書、推薦書、同意書など原本が必要なものは郵送で提出します。

質問

面接審査に出席できない場合、予備日はありますか?

回答

面接審査は日本国内指定地で指定日に行います。
面接審査には出席が必須です。予備日は設けません。

なお、新型コロナウイルス感染状況等によりオンライン面接とする場合があります。

質問

受給中に日本学術振興会特別研究員への応募は可能ですか?

回答

可能です。

質問

博士前期課程の学生ですが、博士前期課程の奨学金に採択された場合、後期課程奨学金は改めて応募が必要でしょうか?

回答

博士前期課程、後期課程を通して奨学金を給付します。博士後期課程に進学の際、新たに応募する必要はありません。
例えば博士前期課程2年で来年4月から博士後期課程に進学する方には、前期課程10月分から6か月分、4月からは後期課程の奨学金を給付します。
なお、博士後期課程への進学予定が無い方は応募いただけません。

奨学金

質問

奨学金の停止や返還が求められる場合がありますか?

回答

給付型奨学金です。返還は不要です。
ただし、退学、休学、学業・素行不良、虚偽申請・不正等の場合、奨学金の停止や返還を求める場合があります。

質問

出捐企業への就職義務・条件はありますか?

回答

ありません。

質問

奨学金受給期間中の海外留学は、奨学金支給の対象ですか?

回答

事務局にご相談ください。

質問

休学した場合、奨学金対象期間は延長されますか?

回答

休学期間中は奨学金支給を休止します。
奨学金対象期間については、事務局にご相談ください。

受給

質問

公的奨学金、民間奨学金との重複受給は可能ですか?

回答

公的な奨学金との重複受給は可能ですが、他の奨学金が認めていない場合はどちらか選択ください。
民間の奨学金との重複受給はできません。

※公的な奨学金には、各大学による奨学金・授業料減免、大学フェローシップ創設事業、日本学術振興会特別研究員、日本学生支援機構、地方公共団体による奨学金・返済免除などを含みます。

報告

質問

定期的な報告書や成績証明書以外の報告、提出、参加が必要な事項は?

回答

財団からの訪問への応対や、財団行事への積極的な参加をお願いします。
奨学金期間終了後も、同窓会等への積極的な参加・活動を期待します。