公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

ニュース

2022年02月28日第14回中谷賞が決定し、授賞式を行いました

中谷財団では、医工計測技術についてすぐれた業績を挙げ、活発な研究活動を行っている研究者を「中谷賞」として表彰しています。この度、第14回の受賞者が決定し、2月25日にマンダリンオリエンタル東京にて授賞式を行いました。

今回、栄えある大賞を受賞されたのは、東京大学大学院 薬学研究科/医学系研究科 教授 浦野泰照さんと、東海大学医学部 教授 後藤信哉さんのお二人です。

 

浦野教授は、「化学蛍光プローブの精密開発に基づく革新的生体・医療イメージング技法の創製」の研究に対して、後藤教授は「個別最適化治療を可能とする医工計測情報の革新的多次元解析技術の開発」の研究に対して中谷賞大賞が贈られました。

 

お二人には、それぞれ副賞として賞金1,000万円が授与されました。

また、医工計測技術について独創的な研究を行っている若手の研究者に贈る中谷賞奨励賞には、東京大学大学院 理学系研究科 教授 上村想太郎さんと東京大学 先端科学技術研究センター 准教授 太田禎生さんが受賞されました。

授賞された皆様の今後のご活躍を期待いたします。