公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

  • HOME/
  • 受賞者インタビュー /
  • 花岡健二郎インタビュー[後編]

助成受賞者インタビュー特集 技術開発研究助成
受賞者インタビュー

令和3年度
技術開発研究助成 特別研究

花岡健二郎教授

慶應義塾大学
薬学部・大学院薬学研究科 創薬分析化学講座

プロフィールを見る

[後編]未来の医療や生命科学を大きく変える可能性を秘めた蛍光イメージング技術

将来的には、飲むだけで病巣を浮かび上がらせ、微細な切除部位を示すガイドとして高難易度の外科手術を容易にしたり、レーザーで治療できたりする――。そんな夢のような可能性を秘めた「蛍光イメージング技術」の開発研究でさまざまな成果をあげ、「平成22年度 日本薬学会奨励賞」や「平成25(2013)年度 中谷賞 奨励賞」など数々の賞を受賞してきたのが花岡健二郎先生だ。その花岡先生が、中谷財団の令和3年度特別研究助成を受けられたことを機に、研究内容や研究にかける思いを伺った。

令和3年度
技術開発研究助成 特別研究

氏名
花岡健二郎教授
所属機関・職名
慶應義塾大学薬学部・大学院薬学研究科 創薬分析化学講座
主な受賞歴
第3回 島津奨励賞(2020年度)、平成25年度 中谷賞 奨励賞 他多数

創薬や実臨床での利用に意欲

花岡先生たちが近赤外領域で細かく波長を変えられる非対称型SiR類の合成手法を確立したことにより、様々な機器に最適な蛍光プローブを作ることができるようになった。しかし、成果はそれだけにとどまらない。
花岡先生は「この合成手法でいろいろな蛍光プローブを作るなかで、いくつか特徴的なものができました」という。そのうちのひとつが、2型糖尿病の創薬標的分子であり、食道がんを検出する際のバイオマーカーとしても注目されるDPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)の活性を検出する近赤外蛍光プローブだ。

令和3年度 中谷賞 大賞を受賞した東京大学の浦野泰照先生らと一緒に国立がん研究センターで行った検証実験では、この近赤外蛍光プローブで、実際の臨床における食道がんの検出結果と一致する実験結果を出すことができた。

こうした成果を受け、花岡先生は「これまでの基礎研究試薬としての利用にとどまらず、創薬過程での応用や実臨床につながるものへと研究を進めていきたいです」と意欲を語る。

 

大きく広がる応用の可能性

また、蛍光イメージングは感度と空間分解能の高さが特長なので、精度を上げればごく小さながん細胞も見つけられるようになる可能性が高い。「そうなれば、将来的には食道に蛍光プローブをふりかけておいて、内視鏡で見ながら光った部分を切除する、といった術中診断への利用も可能だと考えています」(花岡先生)と言う。

こうした利用方法は食道がんに限らず、さまざまな手術に広がる可能性を秘めており、花岡先生は「ゴッドハンドとよばれるようなお医者さんじゃなくても、きれいにがん細胞などを切除できるようになる可能性もあります」と話す。

さらに多くの蛍光プローブが開発されれば、たとえば、蛍光プローブを飲むだけでがんなどの病巣を特定する、といったことも可能になるかもしれない。花岡先生は「強い光を当てることで色素が壊れて細胞を殺す働きをする蛍光色素もありますので、診断でがん細胞を光らせ、レーザー光を当ててその場で治療する、というようなことが、将来にはできるようになっているかもしれません」と夢を膨らませる。
花岡先生

 

「おもしろさ」が研究の原点

そんな夢を実現させるためにも、いろいろな蛍光プローブを開発する必要がある。花岡先生は「有機合成化学では、理論的な計算に基づいて生成できるものもありますが、作ってみて初めてその機能がわかるものも山ほどあります」と言う。
DPP-4の活性に反応するプローブを見つけたときと同様、たくさんのプローブを作ったなかから特徴的なものを見つける、という宝探し的な研究手法も有効であり、「それが化学のおもしろいところでもあります」(花岡先生)と言う。

この「おもしろさ」や「楽しさ」は花岡先生が研究者の道を進む原点でもあった。

花岡先生自身は「長野先生が熱意をもって研究されている姿を見てやりがいを感じた部分も大きいですが、単純に、蛍光イメージング技術はおもしろい、と感じたことも研究の道に進むきっかけでした」と言う。続けて「極端なことを言えば、既知の色素の分子構造に何かひとつ足すだけでも(実際にはそれが難しい場合が多いのですが)、誰も作ったことのない新しいものが作れる。学生にもそういうおもしろさを見つけて、興味をもって楽しんでもらいたいのですが……なかなかそういう学生は少ないのが現状です」と嘆く。

なかには「誰もやったことのない研究は、うまくいくかどうかわからないからやりたくない」などと言う学生もいるという。
花岡先生は「実験や研究で失敗することはまったく問題ではなく、その失敗の先に何があるのか、ということこそがおもしろい。とはいえ、それまで授業で習ってきたことを実験で再現する、与えられた問題に答える、という『勉強』だったものが、誰もやったことがないことに挑戦する『研究』に変わる時の戸惑いは、私も大学院生時代の一時期に感じたことがあります。そこを乗り越えて興味や楽しさを感じられるかどうかが、研究の道に進めるかどうかの分かれ道なのではないでしょうか」と分析。「だから、研究者の道を進みたいと考えている人には、新しいものに対する興味をもって、科学を楽しむ姿勢をもち続けてほしいです」(花岡先生)とアドバイスをくれた。

 

「本物の研究」がもたらすモチベーション

花岡先生
また、研究を続けていくモチベーションについて、花岡先生は「そもそも実験が好きということもありますが、やはり長野先生の影響は大きいです。先生は常々『論文のための研究ではなく、本物の研究をしましょう』とおっしゃっていました」と言い、続けて「これがとても大切なことで、もし『論文を書くためだけの研究』だと思ってしまったら、研究は続けられないでしょうね」と話す。

その点、蛍光イメージング技術は「遠い将来かもしれませんが、前述したような術中診断の蛍光ガイドや新たながん診断・治療法の確立などで、医療や生命科学を大きく変える可能性があります。それも、今、僕たちがやっている基礎研究があってこそ実現するものなので、今後も夢をもってがんばっていきたいです」(花岡先生)と抱負を語ってくれた。

現在、2年間にわたる特別研究助成の1年目が2022年4月に始まっている。後半を迎える来年度、また花岡先生からどのようなお話が伺えるのか、その進捗に期待したい。

技術開発研究助成受賞者一覧